総量規制には対象外と例外がある

以前、総量規制の例外についてお話しました。
その時は、銀行は貸金業者とは違うので、総量規制の対象ではない旨のお話だったと思います。

あの時の話は、どちらかというと、例外ということではなく、 「対象外」ということになります。

ちょっと正確ではありませんでしたね。お詫び申し上げます。 今回は、正真正銘の総量規制の例外の話をします。

貸金業法という法律ですが、これは、総量規制についても規定されている、 貸金業者を規定する法律です。 ここに、総量規制の例外を認めるローンについて謳われているんです。

つまりですね、多重債務者の救済措置として、年収の3分の1以上の貸付け禁止を、 例外的に撤廃する、つまり、総量規制の例外規定があります。

実際は法律に規定されているわけではなく、規則という形で認められているんですけどね。
あくまで、多重債務者の救済のためですから、 用途は多重債務の返済のみで、カードローンのように出し入れは不可、 一度っきりの借り入れで、あとは返済するのみです。

さらに、債務額までしか認められず、他の用途に利用すれば、 それは、契約違反ということになるわけです。

いろいろ制約はありますけどね、法律で例外を認めるのですから、 多少はやむを得ないことです。

いずれにせよ、こういった救済措置はいいことですよね。 法改正によって、闇金融に流れるのを阻止していかなければなりませんからね。