総量規制には「大きな」例外がある

前回、総量規制について述べました。 そして、総量規制には例外もあるともお話しています。
その例外について、もっと詳しくお話しすることにしましょう。

まとめますと、総量規制は、貸金業者側の、消費者に対する過剰貸し付けを禁止する規定です。 その法律は、貸金業法といいますが、この貸金業法、貸金業者に対して、規制をかける法律なんですね。

つまり、総量規制とは、貸金業者に対する法律であり、 法律上の貸金業者でない金融業者は、対象ではない、つまり、総量規制の対象外ということになります。

貸金業者ではない金融業者ってなんでしょうかね・・・ 「銀行」です。

銀行は、貸金業法で定められている貸金業者ではありません。 そして、銀行でもキャッシングローンの商品は出していることは皆さんもご存じでしょう? この銀行のローンカードは狙い目ですよ。

状況をまとめてみましょう。
例えば、消費者金融3社から合計120万円ほど借り入れをしているとします。
あなたの年収は、約300万円。 新たに借り入れをしたいのですが、すでに年収の3分の1を超えている借入れですので、 総量規制に引っ掛かり、できません。

どうしよう・・・

銀行は、総量規制の対象外ですので、年収の3分の1という縛りにはかかりませんので、 新たな借り入れをすることが可能になってきます。

もちろんですが、「可能」なだけであって、 総量規制とは別の縛りにはかかる可能性はあります。 そこは注意が必要ですよね。