ローンを借り換えは良い長短納得の上実施しよう

借り換えローンというものがあります。

意味は、もちろん、 それまで組んでいたローンを新規をローンに借り換えるということです。

基本的には、そうすることによって利益が出るものとして 扱われていますが、必ずしもそうではありません。 もちろんね、これは、借り換えローンだけに留まらず、 物事は表裏一体、良い面も悪い面も同居しているものです。

その借り換えローンについて、メリット・デメリットを考えてみました。

メリット

メリット、というよりも、借り換えローンとは、そもそも、 返済額を押さえるために行うものです。

住宅ローンなどでは、民間金融機関の多くが変動金利制を採用しています。 つまり、金利が高い時期と安い時期があるわけです。

金利が高い時期に組んだ住宅ローンは、安い時期に借り換えると、 月々では数万返済額が変わってきます。
1ヶ月で数万円違うと、それは大きいですし、総支払額ということで考えても、 数百万円は変わってくることでしょう。 これは大きなメリットにちがいありません。

普通のカードローンの場合ですと、総支払額を抑えるということの他に、 返済の苦痛から免れる意味合いもあります。 複数借入れの一本化ですね。

こちらは、より低金利ということの他にも、 「利息の整理」という意味合いもあります。
債権者が複数あれば、それだけ各社に利息を払っているわけで、 それを1社にすることによって、債務額が増えても、利息支払いは、 トータルでは減る、という理屈です。

借り換えローンのそもそもの目的が達成されれば、 それは大きなメリットになるわけですね。